2019年12月01日

12月3日は恵比寿講

恵比寿講は実家で毎年12月3日にしている行事で
今年で80年になります。

はじめたのは昭和15年から、この行橋商店街の人たちがこの日に
商売の神様の恵比寿様を祀ってお祝いをしてたそうでが
時代とともに、だんだん参加者も少なくなり
今では魚町3組のみでするようになったそうです。

今年でなんと80年
この間一度もかかしたことがないとのこと。すごい。

恵比寿様は実家に祀っており、この日にだけ
外にだしてかざります。

80年も続けていることに凄いとしがいえませんが、
祖父の代からはじまった行事ですが
昔の大福帳に見るとその時代の物価の値段や参加者の名前など
時代をひしひしと感じさせられます。
また記載されてる筆文字の味があること。
DSCN6408.JPG

今は祖父が亡くなったあと、父が55年書き繋いでいます。
父も今月で91歳、これからも続けていってほしいものです
DSCN6407.JPG
写真の右は父が新しく作った大福帳です。


今年、私も参加しまーす。

益々この行橋商店街の繁栄とポワンが繁盛しますように。

posted by misa at 13:36| Comment(3) | ミサ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恵比須講、お名前は聞いたことありますが、80年も商いの神様の行事を継続されるって凄いことです。
これからも引き継がれていくのですね。
Posted by どげん猫 at 2019年12月01日 20:10
どげんねこさん
コメントありがとうございます。
そうですよね。この時期はお世話になりましたね。ほんと続ける事が大事なのかもしれませんね。またお待ちしています。
Posted by ポワン at 2019年12月02日 17:30
(^▽^)/なるべく早くあのかわいいブレスレットを買いにお伺いいたします。
何分寒くなってきました、慌ただしい師走の折です、皆々様ご自愛ください。
Posted by どげん猫 at 2019年12月03日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: