2016年09月01日

洋画家 三上 浩 没後10年遺作展

こんにちは,ポワンへようこそ。

暑い暑い8月も終わり9月になりました。

今日は防災の日
今回の台風10号も東北,北海道に大被害をもたらしました
被害に遭われた方がたには心よりお見舞い申し上げます。

今朝も熊本で地震でこちらでも揺れました。
いつどこで何がおこるかわからない今の世の中
だからこそこの時を大事にして生きて行きたいものです

さて今日は特別展のお知らせです
この度、行橋出身の画家 三上 浩展をギャラリーpowanでいたします。

今年が丁度没後10年になるということもあり、これを機に
小さいながらも展示会をしたいと思います。

三上浩は、昭和6年行橋に生まれ、旧豊津高等学校卒
昭和29年に日本芸術院会員 大内田茂士氏の勧めで上京する。
1950年 第3回示現会展初入選
1954年 第10回日展初入選
1956年 示現会会員
1967年 第10回新日展特選
1979年 第11回改組日展特選
1991年 第21回日展審査員
1992年 日展会員
1993年 行橋市「三上浩特別展」(1998年も開催)
1999年 第31回日展文部大臣賞
2001年 脳出血により右半身が不自由となる
      第33回日展に左手による作品出展
2004年 社団法人示現会理事長
2006年 永眠(享年74歳)
2007年 北九州市美術館「風と大地の協奏ー三上浩展」

凄い略歴なので、本当はポワンのような小さなギャラリーでするのは
申し訳ないのですが、主人の叔父にあたると言う事で、私なりにですが
三上浩の絵を皆さんに見て頂きたいのと、行橋にもこんな画家がいる事を
知って頂きたいと言う思いですることにいたしました。

期間/9月24日(土)〜10月3日(月) 入場無料
場所/行橋市宮市町8−1ものづくりroomポワン内ギャラリーポワン
時間/11時〜17時 なお期間中無休
駐車場/なし
DSCN4012.JPG
石仏(六地蔵)30号

皆様のお越しをお待ちしています。
posted by misa at 16:50| Comment(0) | ギャラリーPowan企画展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする