2015年09月11日

豪雨お見舞い

こんにちは。ポワンへようこそ。

こんなに酷くなるなんて。
9日の夜12時ごろラジオで避難勧告が出たのを聴いて
こんな夜中になんか大変な事になるのではと。
それから昨日の状態に。
関東豪雨そして今は東北の方にも被害が拡大。

同じ日本に住んでいながらこちらは日が差してのどかに
普通の暮らしがある。
はたや豪雨の市や町が危機的な生死をはらんだ状態になっている

またも3、11の時の事がよぎる

こちらでは被害がなくても、
こうして自分が今生きていてここに居る事を
改めて思わされます。

もし自分が被害にあったらどうしようというよりも
どうこれから生きていこうか。と私は思います。

一日一日大切にしていこうとか
生かされている事に感謝とか、
自分に何ができるだろうか、
など色々思ったりもしますが

やはり一番大切なのは命だと

甥っ子に3,11のときに言った言葉を
思い出しました

「何があっても生きるのよ」と


被害に遭われた地域の皆様に心より
お見舞い申し上げます。
早く災害がおさまること、そして復興をお祈りしています。
posted by misa at 12:18| Comment(0) | ミサ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする